キープ メッセージ 会員登録 新規会員登録 ログイン

ようこそ ゲスト様

美容師は私が一番輝ける仕事です!

001_Takebuchi_Fumika

自由が丘のKalon hair resortで美容師をしている、笑顔がとっても素敵な竹渕文香さん。24歳という若さで副店長になり、お店の看板スタイリストとして活躍しています。美容師のお仕事は大変だけど、楽しい。美容師という職業を思いっきり楽しんでいる竹渕さんが考える、「美容師としての自分の在り方」を語っていただきました。

001_05

美容師になってキラキラするんだ!

ー美容師を目指したきっかけは?

もともと自分や友達のヘアアレンジをしてあげることが好きで、学校の休み時間には、「前髪切って~」と友達がハサミをもってくることもありました。その頃から美容師を目指していたわけではないのですが、高校3年生になり進路を考え始めた頃、「自分にはなにが一番向いているんだろう」と考えたときに思いついたのが美容師でした。両親や周りの友達も「いいじゃん!」と、美容師になる事を後押ししてくれたので、美容師になることを決断しました。


ー実際美容師になってみて、どうですか?

美容師に憧れていた学生時代は、美容師になったらおしゃれして髪型もかわいくして、キラキラした毎日を過ごせるんだろうなぁと思っていました。でも、実際美容師になってみると、地道な練習や日々の努力の積み重ねがないとキラキラした先輩たちみたいにはなれないんだな、と実感しました。

001_07

技術は心の上に立つ

ー美容師をしていて一番つらかったのは、どんな時ですか?

成長しているという実感が持てなくなった時です。アシスタント時代に同じチェックに何度も落ちて、何か月も同じ練習をしている時期がありました。もう「一生合格できないんじゃないか」と思い悩む日々が続いていた時期があって、その時が一番つらかったです。でも、ある先輩から「ずっと合格できないのは自分の殻に閉じこもっているからだよ」と言われました。確かに今までは一人で黙々と練習をしていて、誰にアドバイスをもらうこともせずにいました。でも、気にかけてくれている先輩が多かったので、練習をみてもらっていました。その時に先輩に教えていただいた「技術は心の上に立つ」という言葉があります。技術は心の上に立つものだから、いつでも心ありきの技術をできるようになってほしいと。それ以来、その言葉を大切にして、日々サロンワークに励んでいます。

 

ー辛かった時期、「辞めたい」と思ったことは?

正直、あります。でも、自分が辞めたいと思っているときは、お店の誰かに自分の後ろ向きな気持ちを見透かされていて、必ず声をかけてくれました。その言葉があれば私は頑張れるので、「もう私辞めます!」ってなることは今まで一度もなかったです。いつも周りに支えてもらっています。

 001_06

スタイリストデビュー初日はドキドキでした

ー初めてスタイリストとしてお店に立った日の事、覚えてますか?

はい、覚えています。初日の朝礼で、お店のスタッフからプレゼントをもらいました。シザーケースをもらったんです。それが嬉しくて嬉しくて、朝から泣いてしまったことを覚えています(笑)営業中にそのシザーケースを付けていることがドキドキで…でも、不安と緊張も同じくらいありました。

 

ースタイリストになってから気持ちの変化はありましたか?

アシスタント時代も技術担当としてお客様をキレイにしたいという思いはありましたが、スタイリストになって最初から最後まで全部自分で担当させていただくというのは、やっぱり充実感が全然違うなと思うし、とっても楽しいです。

先輩後輩、みんないるから頑張れる

ーお店のスタッフはどんな方が多いですか?

お店のスタッフはみんな優しくて、他の人の事を考えているスタッフが多いです。スタッフみんなが思いやりの心をもっているので、明るくて優しくて、みんな大好きです。

 

ー竹渕さんにとって後輩はどんな存在ですか?

後輩はすごくかわいくて、私自身助けてもらっているところもたくさんあります。私と同じ出身校の後輩が、毎年入社しているのですが、一つ下の後輩は、学生時代に一番仲が良かった後輩で、その後輩は私が落ち込んでいるときはいつも察知してくれて、ご飯に誘ってくれます。逆に自分が誘っていくこともあります。近い存在としていつも、いつも支えてもらっています。

 副店長として「かけはし」の役割をしています

ー今はお店でどんな役割を担っていますか?

今年の4月から副店長になりました。今年入社した1年生の後輩たちに、お店の取り組みや、恵まれた環境で働けていることなどを、近い立場から分かりやすく伝えていく役割です。オーナーや店長、後輩、それぞれの気持ちを理解して、私が「かけはし」となることで、お店にいい風が流れるようにするということが自分の使命だと思って副店長をしています。

001_01

自分の成長をみていてくれるお客様がいる

ー美容師になってよかったなと感じるのはどんなときですか?

私が1年目でシャンプーすらできなかったころから、お付き合いのあるお客様がいらっしゃるのですが、そのお客様に「あなたがスタイリストになったら担当になってほしい」とおっしゃっていただいたことがありました。アシスタント時代にだんだんできることが増えていくと「今日はカラーまでできるようになったのね」「今日はブローまでやってくれるのね」と、私の成長をずっと見ていてくれたお客様が、スタイリストデビューした今、私のお客様としてお店に通ってくださっていることが本当に、嬉しいです。美容師やってきてよかったー!と思います。

後輩に技術以外のことも教えられる美容師になることが目標です

ー美容師として目標としていることはありますか?

今はまだ、スタイリストになったばかりで、ようやくスタートラインに立ったところなので、まずは苦手なことやあまり得意じゃないことにも挑戦していきたいと思います。 その後のことで言えば、今お店に子供がいるスタッフがいるのですが、仕事と子育ての両立をそばで見ているので、自分も美容師としてもママとしても、頑張れる美容師でいたいと思います。 いずれは私も結婚して、子供ができてというライフイベントを迎えたときには、技術のことだけじゃなく、自分の働き方についても教えてあげられる先輩になることが、今の目標です。

美容師は私が一番輝ける職業

ー最後に、竹渕さんにとって美容師とは?

私にとって美容師とは、私が一番輝ける姿であり、その姿でお客様や周りのスタッフに幸せを分けてあげられることが、自分の幸せでもあります。お客さんが一番輝いているときに、自分も一緒に輝いているなぁと思います。

001_02


美容師としてお話をしている竹渕さんはキラキラしていて、眩しかったです。本当に美容師という職業が好きで、綺麗になったお客様を見て、自分もハッピーになる。大変なこともあるけど、それがあるから頑張れる。シンプルですが、これこそが竹渕さんの美容師としての原点になるのではないかなと思います。

ベージトップに戻る